May 27, 2017

今日もはりきって製薬業界の愚痴を書いていきます(笑)。今日言いたいことはタイトルにもある通り、

日本の製薬会社はもっとポスドクを採用すべきだ!

ということです。ポスドク過剰問題を解決するためとかで言っているのではありません。こう言いたい一番の理由は

日本の製薬会社から画期的な新薬が出な...

March 11, 2017

私はもっとたくさんの優秀な人たちに創薬に携わってもらって、日本の創薬を盛り上げていければ嬉しいと思い活動しています。日本は世界の中でも科学レベルが高いので、たくさんの優秀な科学者がいますが、その多くは大学や独立法人の研究所にいて、製薬会社には少ないのが実情です。どうしてそうなって...

March 3, 2017

このブログでも何回か書いてきましたが、またポスドクから企業研究職(製薬研究員)への転職について書いてみたいと思います。

ポスドク・大学研究者の現状を見ていると、確かに「し烈」だなと思います。相当高いレベルの業績を短期間で出さないと安定したポストにつけない。国公立大は教授になるまで任...

November 12, 2016

よくインターン生と話をする時に、インターンに来た目的を

大学と企業の違いを知るため

と言う人は多いです。確かに、「インターンで企業の仕事を知ることで、自分が研究をしている大学との違いを知り、大学で研究するか、企業に入るかを判断したい」という気持ちはわかります。でも私から見るとこの質問...

November 3, 2016

前回の記事「ポスドク→企業を目指す方へのアドバイス」の第2弾です。

前回は、ポスドク→企業研究者を目指す方々はプレゼンが、専門家を対象としすぎていて伝わらないという話をしました。今回は

研究内容 + 自己分析

というお話です。大学でポスドクとして働かれてきた方々は、

面接で見られること...

October 1, 2016

今回の記事は、現在ポスドクをされていて、企業就職を目指されている方々へのプレゼンアドバイスです。

私のいた会社でもポスドク→企業のルートで入社された方が複数いらっしゃいました。このルートで来られる人たちに見られる傾向は、サイエンスレベルが高い。論理的思考能力が高い。知識が新しく豊富...

Please reload

​このブログについて

某内資系製薬の研究所で研究員として新薬を作ることを目指していましたが、プロジェクト終了により今は創薬研究じゃない仕事をしています。でも何らかの形で創薬研究に関わる仕事がしたいと模索しています。このブログでは、バイオベンチャーのこと、創薬のこと、製薬業界(主に研究)のことなどについて、思うところを書いています。ご質問はお気軽にkenyoshida36@gmail.comまで。

Popular Posts

Avidity Biosciences (La Jolla, CA, USA) ー元製薬研究員ケンのバイオベンチャー探索(第122回)ー

July 20, 2019

Antibody oligonucleotide conjugate(抗体オリゴヌクレオチド複合体)という抗体と核酸医薬品を結合させた複合体を用いて、核酸医薬品の体内分布をコントロールすることで、より正確な治療を行う技術を開発しているバイオベンチャー

ホームページ:https://www.avidit...

1/1
Please reload

Search By Tags
Please reload

Connect

© 2023 by Phil Steer . Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now