March 30, 2019

中枢神経系疾患に対してAAVによる遺伝子治療に取り組む、2009年創業のバイオベンチャー。ライソゾーム病にフォーカスしている。

ホームページ:http://www.lysogene.com/

背景とテクノロジー:

・遺伝子治療のベクターとしてアデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターの利用が...

March 23, 2019

畳込みニューラルネットワークを使ったStructure-based drug designによって、たんぱく質ーたんぱく質間相互作用を阻害する低分子化合物など、新たな低分子創薬を行っているAI創薬バイオベンチャー

ホームページ:https://www.atomwise.com/

背景...

March 15, 2019

ディープラーニング技術を用いたネオアンチゲンの選定と、2種のウイルスベクターを用いたネオアンチゲンの発現という2つの独自技術によるがん免疫療法を開発しているバイオベンチャー

ホームページ:https://gritstoneoncology.com/

背景とテクノロジー:

・PD1抗体、...

March 15, 2019

独自技術を施した腫瘍溶解性ウイルスを開発しているバイオベンチャー。BioSpaceやFierce Biotechから注目ベンチャーとしてピックアップされている。

ホームページ:https://oncorus.com/

背景とテクノロジー:

・オプジーボ(ニボルマブ)などの免疫チェックポ...

March 9, 2019

花粉症・食物アレルギーなどのアレルギー疾患に対する免疫療法の開発を目指すバイオベンチャー

ホームページ:https://www.asitbiotech.com/

背景とテクノロジー:

・3月に入り、花粉症のシーズンになった。私もずい分前からスギ・ヒノキの花粉症を発症していて、毎年5月く...

March 2, 2019

患者さん一人ひとりの神経回路の異常をモニターすることで層別化を行い、それに基づいた治療法の開発という精神疾患領域では未だ確立されていない治療法確立を目指すバイオベンチャー

ホームページ:https://www.blackthornrx.com/

背景とテクノロジー:

・現状の精神疾患治...

Please reload

​このブログについて

某内資系製薬の研究所で研究員として新薬を作ることを目指していましたが、プロジェクト終了により今は創薬研究じゃない仕事をしています。でも何らかの形で創薬研究に関わる仕事がしたいと模索しています。このブログでは、バイオベンチャーのこと、創薬のこと、製薬業界(主に研究)のことなどについて、思うところを書いています。ご質問はお気軽にkenyoshida36@gmail.comまで。

Popular Posts

Avidity Biosciences (La Jolla, CA, USA) ー元製薬研究員ケンのバイオベンチャー探索(第122回)ー

July 20, 2019

Antibody oligonucleotide conjugate(抗体オリゴヌクレオチド複合体)という抗体と核酸医薬品を結合させた複合体を用いて、核酸医薬品の体内分布をコントロールすることで、より正確な治療を行う技術を開発しているバイオベンチャー

ホームページ:https://www.avidit...

1/1
Please reload

Search By Tags
Please reload

Connect

© 2023 by Phil Steer . Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now