December 29, 2018

アデノウイルスを用いたがん免疫療法を開発しているバイオベンチャー。樹状細胞ワクチン療法の開発も行っている。

ホームページ:https://multivir.com/

背景とテクノロジー:

・がん免疫療法の開発に投資が集まってきているが、がん免疫療法の中ですでに臨床において有効性が示され...

December 22, 2018

複数の生きた細菌をミックスしパウダー化した経口投与製剤で腸内細菌叢を正常化する治療法で、クロストリジウム・ディフィシル感染症、炎症性腸疾患だけでなく、がん免疫療法にも挑戦しているバイオベンチャー

ホームページ:https://www.vedantabio.com/

背景とテクノロジー...

December 16, 2018

奏効したがん患者さんの一つ一つの免疫細胞から治療効果を持つ抗体情報を探しだし、多くのがん患者さんに効果を持つ抗体医薬品を作り出すというリバース・エンジニアリングによるアプローチを行っているバイオベンチャー

ホームページ:https://www.atreca.com/

背景とテクノロジ...

December 8, 2018

RNA編集を誘導する核酸医薬品という独自技術で遺伝子変異による希少疾患治療薬を開発しているバイオベンチャー。エクソンスキップ療法なども開発している。

ホームページ:https://www.proqr.com/

背景とテクノロジー:

・単一遺伝子の変異による疾患は非常に多くあると言われて...

December 1, 2018

免疫を調節する新しい標的分子を見つけるプラットフォームFIND-IO Technologyを駆使してファーストインクラスの免疫療法薬の開発を行っているYale大学発のバイオベンチャー

ホームページ:http://www.nextcure.com/

背景とテクノロジー:

・抗PD-1抗体...

Please reload

​このブログについて

某内資系製薬の研究所で研究員として新薬を作ることを目指していましたが、プロジェクト終了により今は創薬研究じゃない仕事をしています。でも何らかの形で創薬研究に関わる仕事がしたいと模索しています。このブログでは、バイオベンチャーのこと、創薬のこと、製薬業界(主に研究)のことなどについて、思うところを書いています。ご質問はお気軽にkenyoshida36@gmail.comまで。

Popular Posts

Avidity Biosciences (La Jolla, CA, USA) ー元製薬研究員ケンのバイオベンチャー探索(第122回)ー

July 20, 2019

Antibody oligonucleotide conjugate(抗体オリゴヌクレオチド複合体)という抗体と核酸医薬品を結合させた複合体を用いて、核酸医薬品の体内分布をコントロールすることで、より正確な治療を行う技術を開発しているバイオベンチャー

ホームページ:https://www.avidit...

1/1
Please reload

Search By Tags
Please reload

Connect

© 2023 by Phil Steer . Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now